これからの人生が第4章、といったところです(笑)

かつてはアパレル系のマーケティングリサーチをお仕事にしていたかおりさん。「私のカンだと、着物はこれから来ると思います」とのこと。着物仲間の輪が広がるかも?

— 富崎に住み始めて、暮らしは変わりましたか

はい。色んなことが。特に海が近いから色んなことを考えます。
今までは下水道が通っているのが当たり前で、洗剤やシャンプー類も普通に使ってたのですけど、布良だと海がすごく近いので、ローズマリーを煮出した液に少しの石けんと重曹を溶かして使ったり。トリートメントにもハーブを使います。
楽しみ方も変わりましたね。東京にいた頃はゴスペルやフラダンスなどの習い事だったり、スキューバダイビングだったけど、でも今はここに暮らすということになりました。
よく、移住してきて不便なことは何?って聞かれるのですが、困っちゃって。不便を楽しんでしまってるのが私スタイルなのかな。

— お友達もたくさん出来ているみたいですね

近所の姉さんたちとも仲良くなって、この間は平群にあるお友達の山までノブキを摘みに行ってきました。
こちらに移住してから、とにかく会う人会う人に必ず挨拶しました。土地の人にとっては見知らぬ人なわけだから、こちらから自分を知ってもらわないと、と思って。
うちの勝手口にも、毎日のように誰かしら寄ってくれて、大根とかソラマメを頂いたりします。折角来て頂いたのに、うちはもうたくさん頂いてますので、って断りたくないんです。

— アポなしで急に人が来るのは平気な方ですか

慣れましたね。以前は人にどれだけ隙を見せずに生きていくか、隙など見せるものか、という感じで、人に会うときは常に約束をしたうえで、でしたが、もう自分のペースを中心にしなくなりました。
お化粧をやめたのもこっちに来てからです。日々会う人にとって、ギャップがあるのもどうかと思って。
台所も見られちゃってるけど、必ずしもキチンキチンとしておかなくてもいいかなって(笑)

— 房州弁は覚えましたか

覚えました。おいねっぺよ、とか。こういうのは子供の方が覚えますよね。息子は私より地域に詳しいです。
太鼓の練習にも参加してます。教えてくれる方が熱心で、地震のすぐ後に練習を再開しました。
秘密基地もいくつか持ってるみたいで、楽しそうですよ。
私が子供だったとき、屋上で海が近くにあればなあってつぶやいてました。家族旅行はいつも山だったので、息子のふるさとが海の近くになったのは興味深く思っています。
この間息子は富崎小の前の坂を自転車で猛スピードで下ってて「しょうちゃん!」って叱られてました。

— こらーっじゃなくてしょうちゃん、なのがあったかいですね。子供たちを地域で育てている感じです

そうですね、環境って大きくなっても心に残るものじゃないですか。だから、こういう環境を残せるように、なんとか道を模索しています。
これからの人生が第4章、といったところです(笑)

— 岩田一家なら、一つ一つ丁寧に取り組んで行くだろうと思います。本日はお忙しいところ、ありがとうございました。



2011/09/15
 
リニューアル前の安房BIJINはこちらからどうぞ

只今鋭意制作中。もう少々お待ちくださいませ。

只今鋭意制作中。もう少々お待ちくださいませ。


安房美人のブログの最新情報をこちらからチェックできます