走り終わったときはなぜか次の大会は何にでようかな、なんて考えていました

趣味はトライアスロン。これは小さい頃からスポーツ漬けだったのか、と思いきや・・・

— トライアスロンやマラソンといったスポーツをされているということですが、始めるようになったきっかけを教えて頂けますか?

医者になって激太りしまして、8kgくらい。
当直で24日間ほとんど寝れない状態が続いて。普通は痩せるんですけど、私は激太り(笑)
これは運動でもしなくては、と思いました。学生時代はテニスをしていたのですが、医者だとなかなか一緒の時間にプレーできる人がいないので、ひとりでできるスポーツということで、ランニングを始めました。
でも、最初は皇居の回りを走ってましたが、だんだん面倒になってきて。
走るのが面倒というのではなくて、わざわざ走りに皇居まで行くのが面倒になったんです(笑)
そこで、当時働いていた病院が家から17kmくらい離れていたので、自転車で通う事にすればいいんじゃないか、と考えました。

— なるほど。

それで、通勤用の自転車を買おうと思ったのですが、なぜかトライアスロンショップに入って・・・。そして、ついトライアスロン用のロードバイクを購入してしまい(笑)
それから、トライアスロンにも参加するようになりました。

— 医者になってから始めたんですね。もともと運動は好きな方だったんですか

それが、小さいときは運動が嫌いだったんです。跳び箱や50m走なんかもクラスで一番ダメな人だったんですよ。
私のやっている運動はほとんどが、自分自身の目標に向かって努力することで、ゴールに到達できる。だから耐久スポーツは好きですね。
また、そのようなスポーツをやっているから仕事でもあきらめずに頑張れる、そんな風にも思います。

— でもトライアスロンにまで参加されるのはなかなかできることではないと思いますが、結構ハマる方ですか?

そうですね。結構ハマる方だと思います。
Tarzanという雑誌があるのですが、ホノルルセンチュリーライドという160kmを走るサイクリングイベントに参加する読者チームの募集があったので、応募したこともあります。
200人以上の応募があったみたいなんですけど、その中の4人に選ばれて実際に走ってきました!
面接で熱く語ったのが、よかったんじゃないかなと思ってます。

— すごいですね。見た目も審査基準に入っていたんでしょうね(笑)

トライアスロンのチームにもいくつか参加してます。おすすめのお店ボーノの社長もトライアスロンの同じチームの人なんですよ。

— はじめて参加されたマラソンを覚えていますか?

2003年のなのはなマラソンのハーフでした。偶然にも南房総なんですよね。そのときは、ここに住むことになるなんて考えもしなかったのですが。
初めてのマラソンだったので、走っている最中はとても辛かったのですけど、走り終わったときはなぜか次の大会は何にでようかな、なんて考えていました。



2011/09/15
 
リニューアル前の安房BIJINはこちらからどうぞ

只今鋭意制作中。もう少々お待ちくださいませ。

只今鋭意制作中。もう少々お待ちくださいませ。


安房美人のブログの最新情報をこちらからチェックできます